レポートの提出に関してと卒業条件

出典:イラストAC

こんにちは!ハナです。

さて、前回はかなりざっくりした説明しかしませんでしたけど、今回からはちょっとだけ細かく説明しますね。

まずは、勉強法であるレポートに関してです。

通信制高校の卒業条件

通信制高校の卒業条件は全日制とはちょっと違います。

全日制高校の場合は、単位や3年間の出席日数などが条件になってきます。しかし、通信制高校の場合は、

・単位を74以上取得

・在籍年数が3年以上

・特別活動30時間以上

となります。

この中の単位を74以上取得というのがレポートをする事で得ることができるものなのです。

レポートってどういうの?

レポートというのは、問題集のようなものと考えてもらえば良いと思います。

自宅に教科書やDVD、レポート用紙が大量に送られてきて、それを提出期限までに行っていくのが通信制高校の一般的な勉強方法になります。

レポートは、A4サイズくらいで、びっしりと問題が書かれているわけではなく、宿題みたいな感覚と思ってもらって良いと思います。

問題は穴埋め形式のようになっていて、教科書を見ればわかるようなものになっています。

問題形式は3年間ほぼ変わらず、これをひたすら解いていく感じになります。

レポート自体は高校を卒業するのに最低限必要とされる知識を得るためのものなので、難しくはなく、むしろ少し優しめです。

わからないものはネットで検索すれば載っていますし、親などに聞いても良いでしょう。

先生に聞くことももちろんできるので、気軽に質問することができます。